食事制限と運動の組み合わせでダイエット

運動する夫婦
なんと言ってもダイエットとくれば運動と食事制限しかないです。運動だけでも良くないし食事制限だけでも良くないです。

良くないというと言い過ぎかもしれないので少し言葉を付け足すと、ダイエットの効果が早く出てこないから途中で断念しやすいんですね。

ダイエットって短期集中型で頑張るのは身体によくないと言われています。

短期間で痩せることはどんなに取り繕ったって身体がいつもの調子ではなくなります。

だるくなる時もあるし疲れを感じることだってあります。

だけど短期集中型でダイエットを頑張るんだったらこれくらいのことは乗り越えなくてはいけません。

本当はここで無理をしてはいけないんですが、短期間でダイエットの結果を残すためにはここを乗り越えてさらに頑張る必要があると思いのです。

でも私はこういう身体が辛くなるような短期集中型のダイエットは好きではありません。

かといってずるずると5年も10年もかけてダイエットすることにも、あまりはっきりとした意志が感じられないのでどうなのかなと思うのです。

だから運動と食事制限の両方を組み合わせてちょうどいいダイエットをすることが1番だと思うのです。

■引用元:置き換えダイエットNAVI|これから始める人のための読みもの(http://xn--navi-p63c3a42d6a1r6a7cy275h452c.com/)

冬はダイエットに最適な季節

冬のダイエットは最適
暖かかくなって薄着の季節が近づくと、毎年体型が気になりますね。

その前に冬の間にダイエット、実は気温の低い冬はダイエットに最適な季節なんですよね。

理由は、身体の温度より外気温がかなり低いため、消費カロリーが高くなるから。

つまり同じ運動をしても、夏場より冬の方がカロリーを消費するということです。

これを聞いた時、なるほどなと納得しました。

しかも冬場だと、かなり動いても汗だらだらにはなりません。

それどころか、身体が温まって暖房費の節約になるかも…と思えば、私のような主婦は真冬こそダイエットに挑戦すべきだと思いました。

しかしそこには落とし穴が。

なんといっても冬場はイベントが多い季節です。

クリスマス、年末年始の忘年会やら新年会、そして寝正月など。

飲食の誘惑は他の季節の比ではありません。

しかしそこはぐっと精神力で耐え、来るべき春に備えてダイエットに勤しんでいる私。

この季節を乗り越えれば、きっと身軽な春が来ると信じて頑張る毎日です。

悪質なメディア

テレビで紹介されるダイエット
最近、テレビや雑誌、インターネットでやたら女性にダイエットをさせようと必死になっている内容が目立つ。

例えば、ある女性が決して太っていない体重を公開して「やばい、痩せなきゃ」と言ったり、その周りも「太りすぎ」「ダイエットした方がいい」と茶化したり。

私はそういう内容のものに対しては、当初動揺した。

この人よりも体重が重い自分は何なのだろうか、本当は痩せないと外を歩けないレベルなのか、と。

しかし、何度かそういうことがあるうちに、気付いた。

そういう、過剰に女性を挑発するような内容の番組や記事は、ダイエット業者と絡んでいるのではないかと。

女性に痩せなければいけないと思い込ませて、商品を買わせようとしているのではないかと。

なんだか、そういうふうに考えるうちに、そういう内容があまり気にならなくなった。

というより、見る気がしなくなった。

何より、ダイエットをするなら、薬やエステに頼らず、自分が太ってしまった原因の逆のことをすればいいだけの話だし。

食べたものを人に言えるくらいになれば体型が変わる

体型を変える
ダイエットをする時、食事を制限しなくてはいけないと思っている人は制限することにして、食事内容を変えなくてはいけないと思っている人は食事内容を見直すようにすることが必要です。

これが逆になったりとんちんかんなことをしていると、ダイエットはうまくいきません。

そもそも、ダイエットを成功させたいと思っているのなら、自分の食生活がどういう状態なのかはっきり正確に言えなくてはいけません。

自分で分かっているから…とかそういうことではなくて、「何を食べて生きているのか」「どんな食べ物を食べているのか」人に言えるくらいでないといけないということです。

自分が毎日摂る大切な食事を、人に自信を持って言えるようにならないとダイエットを成功させることは難しいです。

食べ物で人間のカラダは作られていて、食べ物で人間のカラダは変わるのです。

何が大切かって、食べ物以上に大切なものはそんなにないはずなんです。

自信を持って人に食べたものを言えるようになれば体型が変わると思います。

無理をするダイエットは続きません

無理なダイエットはNG
ダイエットをする時って何が大事だと思いますか?

なるべく食べないことでしょうか?

それとも汗をたっぷりかくことでしょうか…。

私はそういうことじゃないと思うんですね。

ダイエットをする時って無理しないことが何よりも大事だと思うのです。

精神的にも体力的にも無理がない範囲でダイエットに取り組むことって、想像する以上に大事なことですよ~。

何事も無理って長く続きませんから…。

無理をしてカラダを悪くしてしまっては、せっかく美しくなろうと思って続けたそこまでの努力が、全てむなしくなってしまいます。

「ここまで頑張ってきたことはなんだったのだろう…」
と悩んでしまうかもしれませんね。

ダイエットをするなら、あとで「ダイエットなんてやらなければよかった…」
と思わなくてもいいような方法にするべきなんです。

無理なことは続きません。

カラダの健康を考えた、今よりもさらに健康になれるような正しいダイエット方法を選ぶことは、基本中の基本なんです。

母のダイエット

母親のダイエットスタート
私の母は、「痩せなきゃ」「ダイエットしなきゃ」が口癖です。

もう何年も何十年も言い続けています。

しかし、口では言うものの、痩せるどころかどんどん太っていくのです。

母はいつも、夜遅くに食べると太るから、夕食をいつもかなり早くに食べます。

そして、夜になるとお腹が空いてきて、結局また食べてしまいます。

一日、4食食べているのです。

私は時々、母に「ダイエットは順調?」とか「少しは痩せた?」と聞いてみるのですが、いつも返ってくるのは「全然」。

そりゃそうだ。

しかも、「●キロもある」と堂々と言います。

恥ずかしげもなく言います。

しかも、その体重は、明らかに重い数値です。

父は当初、母に「痩せろよ」「太っている」と結構きつく言っていましたが、今では諦めているのかあまり言わなくなっています。

ところで今度、母は同窓会へ行くそうで、前回の同窓会よりも4キロ以上太っているので絶対に痩せると宣言しています。

うまくいけばいいのですが、うまくいく気がしません。

ダイエットは食事系と運動系を同時にするのが良いと言えます

走っている女性
現代は痩せた体型をしていなければしていなければいけないと言った風潮になっていますから、痩せてない人はダイエットをしなければいけなくなっています。

ですが世の中の多くの人がダイエットに取り組んではいますが、それで実際に痩せている人は少ないと言えます。

大概は痩せる前に挫折してしまったり、痩せたとしてもリバウンドで元の体型に戻ってしまっているのです。

ダイエットと言うのは大きく分けて二つの種類があります。

食べ物によって痩せる食べ物系ダイエットと運動によって痩せる運動系ダイエットがあります。

一般的にダイエットに取り組む場合は、どちらか一方だけする事が多いです。

食べる量を制限するだけとか、運動をするだけとか、どちらか一方のダイエット法を用いる事が多いです。

ですがダイエットを成功させてリバウンドを起こさないためには、食べ物系のダイエットと運動系のダイエットの両方を同時にした方が良いと言えます。

その方がいち早く痩せる事が出来ますし、リバウンドもしにくいと言えます。

ダイエットを無駄なく素早く成功させるには、食べ物系のダイエットと運動系のダイエットの両方を行うのが、一番効率が良いと思います。

健康に、簡単にダイエットするには

食べる量を減らして痩せる
ダイエットの方法として最初に思い浮かぶのは何でしょうか。

ダイエットサプリは根強い人気があるダイエット方法です。

いろいろな運動も人気があります。

食事を何かに置き換える置き換えダイエットというものもあります。

しかしこれらのダイエットは身体的、精神的、そして金銭的にかなりつらい方法です。

もっと簡単なダイエット方法はないのでしょうか。

それはズバリ「食べる量を減らす」ということです。

「それができれば苦労しない」という声が聞こえてきそうです。

でも、運動で脂肪1Kg減らすためには7200kcal消費する必要があるということを考えてみてください。

1時間運動したときに消費するカロリーは、クロールで大体1000kcal程度、ジョギングで500~600kcal程度です。

毎食のご飯の量を3分の2ぐらいに減らして、おやつや夜食を控えればそれだけでジョギングを1時間したのと同じぐらいカロリーを減らせるのです。

食事を極端に減らすわけではないのでそれほど苦痛ではありません。

特別なことをするわけではないので体に負担がかかることもありません。

ダイエットしたいのであれば、まず自分の食生活の見直しから始めるべきです。

簡単に成功するダイエット法はない?

楽なダイエットはない!
ダイエットに関係することは、世の中にたくさんあります。

雑誌を見ても次々と新しいダイエット法が出てきます。

これだけたくさんのダイエット法があると言う事は、それだけダイエットをすることは難しいと言う事です。

良くあるのは、
「だれにでも、簡単に出来る!」
「わずか○ヶ月で、マイナス〇〇キロ減量成功!」

私も、新しいダイエット法が出るたび試して見ました。

ヨーグルトやリンゴだけ食べてみたり、高価なサプリメントを試してみたり、呼吸法を変えてみたりと。

しかし、効果はあまりありませんでした。

一時的に痩せても続ける事が大変で、すぐに元通り。

結局、成功しているのはダイエットの本を書いた人だけのような気がします。

そして、ダイエットに成功する人はどんなダイエット法をしても成功するような気がします。

逆に言うと、どんなダイエット法をやっても成功しない人もたくさんいると言う事です。

今、私がやっているのは間食をしないと言う事です。

シンプルですが、これを出来るだけ続けようと思います。

ダイエットに「簡単」や「早く」は、経験上無いと思ったからです。

食前キャベツダイエットを実践してみたこと

食前にキャベツでダイエット
私は、旦那のダイエットのために、食前にキャベツを食べる、食前キャベツダイエットを実践させることにしたのです。

どうしても旦那は太ったことと、年齢のせいから、どうしても健康診断の数値が悪くなってしまったのです。

そして、そのうちにメタボという診断もされてしまったことで、本当にどうしようもないと思ってしまったのです。

そこで一念発起して、ダイエットをすることにしたのです。

旦那のダイエットのためには妻として頑張るつもりです。

ですから、毎日食前にしっかりとキャベツを切って食べることで、ダイエットをしてもらおうと思ったのです。

食前にキャベツを食べることで、不思議と数値が良くなってきたのです。

特に中性脂肪の数値が正常に戻っていたことに驚きでした。

体重は最初はすぐに三キロほど減ったのですが、それからはなかなか減ってきませんでした。

でも、数値は少しづつ改善しているので、これからも食前キャベツダイエットを続けていこうと思います。